BIO

LIT_A写_2020年8月_HP.jpg

LAMP IN TERREN (L→R)
大屋 真太郎(Guitar)、川口 大喜(Drums)、松本 大(Vocal & Guitar)、中原 健仁(Bass)

2006年、長崎県で中学校2年生の中原と大屋が結成したバンドに同級生の松本が誘われる形で参加。その後、進学の都合で大屋と当時のドラムが脱退。2011年、地元の友人だった川口が加入して3ピース編成となる。
2012年、本格的なバンド活動を決意し、バンド名を「LAMP IN TERREN」に。ラテン語の「terra(星、大地)」を捩った造語であるこのバンド名は、「この世の微かな光」という意味が込められている。
2013年12月。MASH A&Rのオーディション「MASH FIGHT Vol.2」とRO69が主催するアマチュアアーティストのコンテスト「RO69JACK」で共にグランプリを獲得。

2015年1月14日、ファーストアルバム『silver lining』でA-Sketchよりメジャーデビュー。

新曲「ボイド」が、2015年5月30日公開の映画『夫婦フーフー日記』の主題歌に大抜擢。
2015年7月1日、セカンドアルバム『LIFE PROBE』をリリース。

2015年10月24日。バンド結成記念日にバンド創設メンバーだった大屋が正式に復帰。

2016年5月3日、ファーストシングル『innocence / キャラバン』をリリース。10月に初の会場限定シングル『heartbeat』をリリース。

2017年、注目の若手4アーティストが全国9箇所をまわる「スペースシャワー列伝JAPAN TOUR 2017 ~10th ANNIVERSARY~」に参加。4月12日、サードアルバム『fantasia』をリリース。

2018年、1月19日最新曲のラブバラード『花と詩人』で初のデジタルリリースを行う。

さらに、毎月26日に渋谷Star loungeにて200名限定の定期公演ワンマンライブ「SEARCH」を開始。LAMP IN TERRENの"実験室"と位置づけられた定期公演では毎回メンバーのチャレンジが繰り広げられている。4月には福岡・名古屋・大阪・東京の4公演のワンマンツアー「MARCH」を開催。

「MARCH」ファイナル公演4月21日(土)を持って、Vo松本の声帯ポリープ切除手術に伴い活動休止。

8月19日(日)バンド史上最大キャパとなる初の野外ワンマンライブ「ARCH」日比谷野外大音楽堂で活動再開。

2018年12月5日、4th ALBUM『The Naked Blues』リリース。
2019年2月から3月にかけて全国ツアー「BABY STEP」を開催。

デジタルシングル「ホワイトライクミー」をリリース。
7月28日には、2度目となる日比谷野音ワンマン「Moon Child」を開催。

2019年11月〜12月にワンマンツアー「Blood」。
会場・通信販売限定e.p『Maison Diary』をリリース。
メジャーデビュー5周年前夜となる2020年1月13日(月・祝)には赤坂BLITZにてワンマンライブ「Bloom」を開催した。

2020年5月22日に最新曲「Enchanté」(読み:アンシャンテ)をデジタルリリース。
10月14日にニューアルバム『FRAGILE』(読み:フラジール)をリリース!!

松本の描く人の内面を綴った歌詞と圧倒的な歌声、そしてその声を4人で鳴らす。LAMP IN TERRENは聴く者の日常に彩りを与え、その背中を押す音楽を奏でる集団です。